Workstore Tokyo Do

ネオ屋台村とは?

ネオ屋台村® と ネオ屋台®

IMGP1581平日のランチタイム、有楽町の東京国際フォーラム 地上広場に突如として現れるいろとりどりに彩られたキッチンカー(移動販売車)たち。 ――― 昼時のわずか数時間、オフィス街の真ん中で展開される、このある種の懐かしさも伴う異空間こそ、われわれ 株式会社ワークストア・トウキョウドゥ が企画・運営をする「ネオ屋台村® 有楽町東京国際フォーラム村」です。

ネオ屋台村® はこの有楽町東京国際フォーラム村のほか、首都圏各所に22箇所展開しています。個性豊かな装飾が施され、厨房設備を備えたこれらのキッチンカーでランチ販売を行うのは、株式会社ワークストア・トウキョウドゥ にネオ屋台® として出店登録を行った、東京近郊で活躍中の移動販売事業者さんたちです。

ネオ屋台村® の特徴

SANY0208ネオ屋台村® はいわゆるフランチャイズではありません。全てのネオ屋台® は、それぞれが腕によりをかけたこだわりの専門店の味をもっていることになります。そういった個性を尊重することで、ご利用頂くお客さまはより多くのメニューバリエーションからお好きなランチを選べることが出来るのです。

また、1箇所のランチスペースでは、曜日ごとに異なるネオ屋台® をスケジューリングすることも特徴の一つです。一人のお客さまがご利用いただけるネオ屋台村® は、お昼休みという限られた時間の中ではどうしても1箇所に限定されてしまいます。そういったお客様にも出来る限り、バリエーション豊かなランチをお楽しみ頂けるように配慮させていただいています。

ネオ屋台® での営業は「お客さまの注文を受けてから、目の前で調理・盛付けし、出来たてのランチを提供する」という販売スタイルを徹底しています。お客様にとっては通常の飲食店では考えられないほどの間近で調理が行われることとなり、「ここでしか食べられない」という喜びを、そしてネオ屋台® 店主との間に生まれるコミニュケーションを楽しんでいただけるのです。これらはネオ屋台村® の大きな魅力のひとつです。

挫折ではじまった「有楽町東京国際フォーラム村」

007前述の有楽町東京国際フォーラム村は、現在でこそ、こういったネオ屋台村® という飲食店スタイルが受け入れられ、多くのオフィスワーカーさん、東京国際フォーラムを訪れたみなさまにご利用いただき、大変な賑わいを見せています。しかし、オープン当初は苦戦を強いられました。

東京国際フォーラム 地上広場でのネオ屋台村® ランチ展開開始に先駆け、2003年3月に東京サンケイビル メトロスクエアにて第1号となる「ネオ屋台村® 大手町サンケイビル村」をオープンさせました。大手町サンケイビル村はオープン当初からたくさんの方々にご利用いただき、成功の大きな喜びを得ることができました。有楽町東京国際フォーラム村は、その大手町サンケイビル村での盛況振りを受け、満を持して出店した場所でした。

DSC03685ところが同年7月のオープンを迎え、愕然としました。キッチンカーにひとが集まらないのです。みな遠巻きに見るだけで、誰もネオ屋台® のランチを購入しようとしません。ランチ展開を開始する前から移動販売に慣れ親しんだ方が多かった大手町サンケイビル村と違い、有楽町東京国際フォーラム村は全くの新規出店だったわけです。わたしたちはやむを得ず一旦ランチ出店を取りやめ、仕切り直しを強いられることとなってしまいました。この予想をしていなかった結果にわたしたちは打ちひしがれました。

そんな中でわたしたちを強力にサポートしてくれたのは当時10数台でスタートしたネオ屋台® のみなさんでした。わたしたちは有楽町東京国際フォーラム村に賑わいを作り出すため、何度も話し合い、何度もぶつかり合い、そして実行しました。そうして有楽町東京国際フォーラム村は、同年9月、同じ舞台で再度ネオ屋台村®としての大きな産声を上げることができました。

賑わいを創出する ネオ屋台村®

IMGP08433この有楽町東京国際フォーラム村での成功はわたしたちにとっても、当時指折り数えられるほどの登録しかなかったネオ屋台®のみなさまにとっても大きな大きな収穫でした。「賑わいは作ることができる」、今もなおネオ屋台村® の根幹をなすこの考え方はこのときに産まれたといっても過言ではありません。

その後、ネオ屋台村® は多くのメディアで取り上げられ、順調に展開エリアを拡大することができました。いまでは登録いただいているネオ屋台® も延べで約300台となりました。

ネオ屋台村® は、1~2台規模から、有楽町東京国際フォーラム村のような大規模展開まで、さらには、各種イベントへでのフードエリア展開を、スペースとニーズに合わせてご提案をさせていただくことができます。また、飲食店営業の機能性と車としての機動性を併せ持ったキッチンカーの特性を最大限に活かし、ごく短期間のスペース活用にも対応が可能です。

移動販売を営む上での「安心」「安全」

ネオ屋台村® 登録者のみなさまには、まず移動販売を営む上で必須となる「安心」「安全」の確保、確認、改善、維持の徹底について繰り返し周知・指導しています。衛生上の「安心」「安全」については各自治体の保健所から指導されるルールはもちろんのこと、季節と場所に合わせて細かなルール設定も行っています。また、ネオ屋台® が展開する場所は通常車両が入り込まない場所が多く、そういったスペースでの飲食店営業を安全に行うための細かなルールも設定しております。

わたしたちは、「ネオ屋台村®」 「ネオ屋台®」というブランド名とともに、単に「ネオ屋台村®」という一事業としてだけでなく、「キッチンカー(移動販売車)での飲食店営業」というスタイルの確立、円滑な営業活動の確立を目指し、日々、ネオ屋台村® のルール・コンセプトの周知・指導を行っています。

ひとりでも多くの方の笑顔のために

IMG_5034ネオ屋台® は複数台集結することで、一台一台の彩りをよりいっそう引き立て合います。ランチタイムという特別な時間に、ただ飲食店としてその需要を満たすためだけでなく、訪れるみなさまの笑顔と、そのスペースの賑わいを結びつける「場」を演出します。

ひとが潜在的にたくさんいても集まるきっかけがないと賑わいはうまれません。また好立地の広大なスペースがあったとしても同様です。ネオ屋台村® はそんなひとと場所をネオ屋台® というトリックスターを用いて有機的に結びつけます。

今後もキッチンカー(移動販売車)という営業スタイルの確立・認知を目指しつつ、安全安心の確保はもちろんのこと、ネオ屋台® の手作りのおいしさをみなさまにお楽しみいただくことが、わたしたちの喜びでもあります。

今後もネオ屋台村® の発展がひとりでも多くの方の笑顔につながるよう尽力してまいります。

「ネオ屋台村とは?」に戻る

トップページに戻る